店長のブログ

部屋とキッチンクロスと私。

正直、くらし舎に入社するまでは、キッチンクロスはコットン一択だと思っていました。

丈夫な天然素材で吸水性も良いですし、子供のころからタオルや布巾はコットンを使っていたので、当たり前になっていて。

それが、今ではリネン以外使いたくない!というくらいに、リネンのキッチンクロスがお気に入りで、キッチン以外にもリビングや洗面所など、家中の至るところにリネンのクロスが増えていっております。

手を拭いたり、食器を拭いたりするのはもちろんですが、半分に折ってプレイスマット代わりにしたり、花瓶の下に敷いたり、収納バスケットにかけたり。

布一枚のことなんですが、あるのとないのとでは全然違います。

お気に入りのクロスを使って気分が上がるというのも嬉しいですが、何より良いのはリネンは洗ったときに乾きが早いこと。毎日気軽に使ってこまめにお洗濯したいので、乾きが早いのはかなりの重要ポイントだったりします。

コットンも良い素材ですけど、乾くのがちょっと遅いんですよね。

また、シワになりやすいのもリネンの特徴ではありますが、洗ったときに水気を多めに含んだ状態でパンパンッとシワを伸ばしてから干すと、水分の重みも手伝って意外ときれいに乾きます。

テーブルクロスやプレイスマットを使おうとしたらくっきりシワがついていた!という時は、リネンをテーブルにかけてから霧吹きでシュッシュッと軽く湿らせてピタッと張り付けるようにすると、シワが目立たなくなります。

テーブルクロスはお料理している間に乾くので、わたくしはいつもこのやり方です。毎回アイロンかけるのもちょっと面倒ですし。本音を言うと、ずぼらなわたくし、アイロンがけが苦手なのでございます。

そうそう、この頃はSNSにおうちごはんやお茶の時間などの投稿をすることも多いのですが、お料理やお菓子にキッチンクロスをコーディネートすると、可愛い写真になるんです♪

同じイチゴの写真ですが、キッチンクロスのカラーによってイメージが変わります。リネンのナチュラルな質感も良い雰囲気。

こうして使っているうちに、また新しいキッチンクロスが欲しくなってしまうのです。

お気に入りの色柄のキッチンクロスは母や友達にプレゼントしたりもするのですが、実家のキッチンの水切りかごに掛かっていたり、インスタで手作りスイーツと一緒に写っていたりするのを見ると、気に入ってくれたんだ!とにんまりしてしまいます。

これからの季節は、涼しげなカラーが良いですね。

fog linen workさんの「ジョセフ」「ジャック」などのストライプ柄は、キッチンを爽やかに演出してくれそうです!

https://kurashisha.net/store/item/kitchen-cloth/

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。