くらし舎のこだわり

初夏を彩るかごバッグ

大人顔したサイザルバッグが、今年も勢ぞろいしました

いくつあっても、ついつい欲しくなるかごバッグ。軽くてたっぷり入る大き目かごバッグや、シンプルコーデを引き立たせてくれるお洒落でかわいいデザインのかごバッグなど、素敵なバッグたちが入荷してきました。

丈夫で通気性や保温性にも優れたサイザルはバッグの素材として最適で、ケニアのキクユ人やカンバ人の伝統技術によりオシャレで機能的なバッグへと変身します。

サイザルバッグ9インチ 

しっかりとした編み目でカラフルな色合いが人気のサイザルバッグは、通勤にもつかいやすい9インチと、レジャーにも持ち出せそうな12インチの2サイズをご用意しました。

12インチサイズは、男性の方が持たれても素敵です。渋めのダークグリーンも、着る服の色を選びません。

シンプルなかごバッグに革の持ち手が付くことで、ぐんと洗練された大人顔に変身しました。

まん丸な丸底ですから、しっかりとした安定感があります。

使わない時は、ぺたんと折り畳んで仕舞っておけるのも便利です。

かごバッグには、手仕事の美しいパーニュ傘きれいな刺繍を施したお洒落小物がよく似合います。

きれい色のバッグは、シンプルなコーディネイトの差し色として便利なアイテムです。お洋服では冒険し辛いビタミンカラーも小物でトライ。占いのラッキーカラーに合わせて持つのも楽しいですね。
(素敵な刺繍のポーチはこちら)

 

*あとがき*

当店で扱うサイザルバッグは、ケニアで流通しているサイザルバッグに比べ、より細かい編み目が自慢です。ここまで美しく編めるようになるには、編み子さんと現地で技術指導をされる日本のスタッフの方の努力の賜物といえます。サイザルバッグを編むことがケニアの村の重要な現金収入源となっています。各家庭の子どもたちの学費となり生活費の足しとなっています。こういったお母さんたちの努力がケニアの未来へとつながっていったらいいなと思います。より安価な繊維で機械織した類似品も出回っていますが、伝統工芸技術をベースにした品質の高さと生産者の顔を想像することができる手作りの良さを感じていただければ幸いです。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。