くらし舎のこだわり

リトアニアのリネン


丁寧に日々を過ごす。
ものをじっくり選ぶ、つきあう。
ひとつひとつを自分らしく。
探しているのは、そんな心地のいい暮らしです。

リトアニア製のリネンを使ったキッチンクロスやエプロン、ウェアが人気の“fog linen work”
ワイヤーや木を素材とする雑貨なども展開し、暮らしを楽しむ人たちからも多くの支持を得ています。センスの良さに加え、使いやすく、ナチュラル&シンプル。そんな「fog linen work」の製品は「普段使い」がテーマ。用途に合わせて生地を使い分けつつも、「普段使い」として安心してお使いいただける品質のものを選んでいます。
その魅力は、fog linen を一度お使いいただければ、きっとおわかりいただけることでしょう。

 

リトアニアのリネン

「fog linen work」のリネン製品は、リトアニアで生産されています。夏は暑く、冬は寒いという寒暖差の大きい気候が、リネンの原料であるフラックスの栽培にとても適しています。
またフラックスを栽培するだけでなく、その繊維から糸を紡いで生地を織り、衣類やハウスリネンに仕立てて製品は、中世の時代にヨーロッパ各国へ輸出されるところから始まり、現在では世界中に広がっています。

アイリッシュリネンやフランスリネンなどと比べて価格が安いことから、リトアニアリネンは品質が低いのでは?と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、答えは「ノー!」です。
リネン製品の基本的な材料は、フラックスという植物の繊維。リトアニア産のフラックスが他の国のフラックスに比べて粗悪だということはありません。価格の差は原料のフラックスをどのような糸に加工して、どのような生地を織るか、またその過程で必要とされる人件費、最終的な商品のデザインなどによって生じます。価格以外にも、仕上がりの感じやお手入れの方法もそれぞれなので、使うシーンに合わせて生地選びがされています。

「fog linen work」の製品は、普段使いがテーマ。
用途に合わせていろいろなタイプの生地を使い分けつつも「普段使い」として安心してお使い頂ける品質のものを選んでいます。キッチンクロスなどに使用している生地は、丈夫でジャバジャバ洗える少しラフな生地。一方で、ウェアの一部やハンカチなどには、細い糸で織られた繊細な生地を採用しています。日々のことだから、気兼ねなく使えるものが良いのではないかと思って選んだ生地ばかりです。毎日の生活に欠かせないアイテムとしてお使い頂けると幸いです。

 

生地の種類

普通地 LINEN


キッチンクロスからウェア、シーツなど、幅広い商品に使用しているベーシックな生地。
色柄のバリエーションも豊富です。

【使用商品】

キッチンクロス

リネンキッチンクロス1 リネンキッチンクロス2 リネンキッチンクロス3
厚地 LINEN THICK


太めの糸で織った素朴な風合いの生地。厚手なので吸水性に優れ、より丈夫。
エプロンやポーチ、バッグなどに使用しています。

【使用商品】

リネンキッチンクロス 厚地 アンヌ ラウンドバッグ
リネンタオル地 LINEN TOWEL


太めの糸でざっくりと織られた生地。厚地だけど柔らかく、吸水性は抜群です。霜降りの表情も優しい色合いです。

【使用商品】

リネンキッチンクロスシャンブレー

 

ワッフル地 WAFFLE TOWEL


ワッフル菓子のような凹凸を持った生地。織りが立体的なので、吸水性が抜群で、肌触りもふんわり柔らかな仕上がりです。

【使用商品】

ワッフルタオル M ワッフルタオル L

 

タオル地 MASSAGE TOWEL


ベース部分にコットン、パイル部分にリネンを使った吸水性抜群のタオル地。使い始めのシャリ感は、使い込むと柔らかく変化します。

【使用商品】

マッサージバスミトン マッサージバスマット

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。