あけびかごバッグ

縄文時代から続くあけびづる細工は、豊かな自然の恵みを利用する、先人の知恵が受け継がれています。
中でも、青森県のあけび細工は、地元の良質なミツバあけびを材料とし、その年に生えた“つる”だけを夏から秋にかけて採取します。
長い時間をかけて編まれたあけびのかごは、使うほどにツヤを増していきます。

松野屋 あけび 小判ホラ編手提げかご 中Sold Out

MA-10-0980
MA-10-0980

縄文時代から続くあけびづる細工は、
豊かな自然の恵みを利用する、先人の知恵が受け継がれています。
中でも、青森県のあけび細工は、地元の良質なミツバあけびを材料とし、その年に生えた“つる”だけを夏から秋にかけて採取します。
長い時間をかけて編まれたあけびのかごは、使うほどにツヤを増していきます。

在庫状態 : 在庫有り

販売価格  ¥20,000(税別)

SOLD OUT

青森県産のあけびは、
色が濃く、良質なことで知られています。

茶褐色で少し枯れたような、落ち着いた風合いや、
表情豊かな編み目が美しいのが特徴です。

いつかは手に入れたい、蔓もののバッグ。
少々値は張りますが、その雰囲気は格別です。
和装に限らず、普段の装いにもさりげなく…。
長く愛用したい一生モノです。

こちらは、和・洋どちらの装いにも持ちやすい形とサイズ感になっています。
 

数本の蔓で編み上げられた長めの持ち手は
楽に腕を通すことができます。

両サイドが丸みを帯び底面はフラット。
A4サイズも横向きに入る大きさです。

 

数種の編み方で丁寧に編み上げられたかごは、
丸みを帯び、柔らかで温かい表情を見せます。

底のしつらえや、持ち手を一緒に
編み上げていく高度な技が見事です。

 

 

あけびの素材は湿度に弱いので、しまいこみはは厳禁です。
梅雨時期や使わない時期があっても、絶対にしまいこまないでください。
カビが生える原因になってしまいます。
薄紙や布に入れて保管しておくのも、風通しが悪くなりますのでお勧めしません。また、ほこりなどの軽い汚れは、ブラシなどでサッとなでるように。
洗剤などはお使いにならないでください。たくさんお使いいただき、かごが育つ過程もお楽しみください。

 

荷物の出し入れも苦になりません。思いのほかたくさん入ります。

良質な青森産あけびを使い、職人の手により一つ一つ丁寧に作られた、あけび細工の手提げカゴです。良質なあけびつるは、使うほどにツヤを増し、長く使える一生モノの一つになることでしょう。

関連商品