アンティーク・ブロカント

フランス ブロカント ブルターニュ地方のバスケット aSold Out

BM-FR20-174-a
BM-FR20-174-a

一本手で丸みを帯びたフォルム姿が印象的なウィロー(柳)のバスケット。

フランス北西部のブルターニュ地方で作られてきた 伝統のバスケットです。

海と緑に囲まれ、豊かな恵みを受ける地域では、収穫物を入れるかごが古くから作られてきました。

在庫状態 : 在庫有り

販売価格  ¥12,000(税別)

SOLD OUT

キッチンで野菜などを入れたり、花かごにしても素敵ですね。

リビングやキッチン、ベッドサイドで、クロス類やブランケットを入れてみたり。

玄関先のバブーシュも、こんなバスケットに無造作に入れるだけで雰囲気UP。

持ち手がついていますから、いろんな場所で活躍してくれそうですね。

斜めから見た姿。持ち手は、枝をねじり合わせることで、強度を出しています。

また、持ち手と本体のつなぎ目は補強を兼ね、美しくダイヤ型に編まれています。

こちらも、ヨーロッパのかごの特徴の一つになります。

底面になります。

長時間蒸すことで深みのある紅茶色になった、艶やかな柳のバスケット。

 

ヤナギの枝を利用した手作りのかごです。

色むらや表皮の剥がれ、繊維に沿った割れ等が見られる場合があります。
素材の性質・古いものの特質としてご理解くださいませ。

枯れた風合いが魅力のアンティーク。表面には斑点のシミなどもございます。

使い込まれた美しいかごは、やさしくあたたかな印象に。

【ブロカントとは】

フランス語で「古道具、古道具市」を意味する言葉。

美しいガラクタという言葉が語源になっています。ヨーロッパでは『物を愛し、

長く大事に使用すること』が暮らしの中に根付いていて1つの欧州文化となってます。

アンティークのように100年以上の年月は経っていないものの、

人々に愛され大切に使われてきた道具を、ブロカントと称しています。

一本手で丸みを帯びたフォルム姿が印象的なアンティークのバスケットです。使い込まれた美しいかごは、やさしくあたたかな印象に。キッチンで野菜などを入れたり、花かごにしても素敵ですね。

サイズ

最大幅 約46.5cm x 高さ約16cm(持ち手含まず)x奥行最大幅 約35cm
持ち手含む高さ 約32cm

素材

ウィロー(柳)

仕入国

フランス

備考

※アンティーク商品の特性上、全体に経年によるキズ、ささくれ等がございます。また、写真と実物の色味が若干異なる場合がございます。アンティークの味わいとしてご了承願います。
※こちらはラッピング不可商品となります。