ファッション

若いころは、
流行を追っていろいろなスタイルを楽しんでみたけれど
そろそろ自分らしさとかお気に入りの定番を見つけたい。
着心地や素材、シルエットにこだわった服。
飽きのこない、頑丈で持ちやすいバッグ。
今の自分に似合う色。形。素材。
そんなお気に入りが見つかるお店になりたいと思います。

ICHI antique’s 秋冬内覧会に行ってきました!(後編)

こんにちは。
くらし舎バイヤーの堀内です。
昨日、史上最短の梅雨明け宣言が出されましたね。
部屋干しの洗濯物からは解放されたけれど、なんだかすっきり喜べません。
地球、どうなっちゃうんだろう。
個人ができることは限られていますが、せめて節電・節水くらいは未来のために頑張ろうと思います。

そんな梅雨明けと同時に朝から、真夏を思わせる太陽の日差し。
コーデはICHIさんのコットンチュニックをチョイス。
ノースリーブ最高 ! (笑)
本来ならば二の腕が気になるところですが、こちらは絶妙なネックラインとアームラインですっきり見せ効果があるように思います。ローン素材のような薄手コットンで爽やかな着心地も気に入っています。
ICHIさんのお洋服は、ゆるふわの着心地の良さと、美しいシルエットや細部までこだわったディティールが人気の秘訣かなと思います。


さて!
前回に引き続き、イチアンティークスさんの秋冬物の新作 を、ちょっとだけお見せしちゃいます。

 

前回のオレンジに続いて、ぐっと引き寄せられたのが、こちらのAZTECA JACQUARD(アステカジャガード)のシリーズです。
素材はリネン100%ですが、細糸で織り上げられたジャガード生地には、独特のとろ味と光沢があり手触りがとても柔らかでした。
落ち感も楽しめる、大人なお洋服です。

細やかなジャガード模様も、インディゴリネンとの相性が抜群で、今までのアンティークスさんにはなかった新しい展開のお洋服ではないでしょうか。
同系色のニットと高相性なのはもちろんのこと、オレンジや紫・ブラウンといった秋色やモノトーンにも合わせやすい、万能ジャガードから目が離せません。

今からワクワク。入荷が楽しみです。






さらに、この秋冬に注目したのは、こちらのベージュ&ホワイトコーデ。
冬の白やアイボリーって、上品で素敵ですよね。
毎年定番で出される「琴平炊きコットンワイドパンツ」に新色のグレージュも加わりました。
インナーにベビーアルパカのレギンスを仕込んでも暖かくて可愛いと教えていただいて、すっかり欲しくなっちゃいました(笑)




この画像 ↑ 左端の服をご覧ください!
そう、東炊きのリネン地にFLOCKY LACE(フロッキーレース)加工が施されています。
(フロッキー加工とは、下地の生地に細く短い繊維を固着して、模様ができる加工を言います。模様の部分が、ベルベットのような生地になり独特な風合いが生まれます。)

同系色で加工されているため、遠目からは目立ちませんが、リネン地に模様が乗ることで、生地にも厚みが出て秋冬にも着こなしやすい素材感に仕上がっています。
カラーは、ナチュラルとチャコールグレーの2カラー展開となります。
こちらも、どうぞご期待ください。





そして、アンティークスさんの秋冬物で忘れてならないのがニットです。
上質なウールやベビーアルパカを使ったニットは、少々お値段は張りますが、根強いファンの方々から絶大なご指示を頂いています。





こちらは、ベビーアルパカのレギンスになります。
ふっくら肉厚でやわらか。
このベビーアルパカ素材のニットは、ベスト・Vネックセーター・カーディガン・レギンスがあります。
モヘヤのような風合いですが、チクチクしません。
素肌の上からも気持ちよく着られることに感激!
トロン・タラン・フワッ。
とっても素敵です。
このほかにも、お洒落で温かいニットが続々入荷予定です。

 




最後は、やっぱり本多さん♪
とっても笑顔の素敵な方。
大ファンになりました。

色々なアイテムを、重ねたり、合わせたり。
本多さんの手にかかると、すべてが素敵でお洒落になって、これぞまさしく本多マジック!

着こなしのコツや、合わせ方などもまたご案内していきたいと思います。
まずは、この暑い夏を乗り切っていただきまして、素敵な秋服の入荷をどうぞお楽しみに!

 

 

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。