自分にも環境にも優しいナチュラルクリーニング

キッチンにごく当たり前にあるような素材で、家中のお掃除が出来るって知ってましたか?!
しかも、人体や環境に優しい素材を使うので、小さいお子様から赤ちゃんやペットにも悪影響を与えない安心安全。

そんなナチュラルクリーニングをご紹介します。

ナチュラルクリーニングの基本は、その汚れを「中和させる」こと。それにはまず汚れの種類を見極めることが大切です。

汚れの種類は「酸性」「アルカリ性」の2つ!今、落としたいのはどちらの種類なのかが分かれば、それを中和させていくだけです。

そして登場するのがナチュラルクリーニングの三種の神器
これさえあれば、台所シンクにはこの洗剤、トイレはコレ、窓ガラスには・・・と、色んな洗剤を揃えなくてもOK!保管場所も少なく済み、家の中もスッキリ!

 

 重曹

酸性の油汚れを中和します。

調味料としておなじみ「ベーキングソーダ」と呼ばれている重曹。あく抜きやパンの膨らまし粉として使われることが多いです。研磨剤などとしても使用します。

水に流してもpHを傾かせない、さらに地中で分解され肥料になるという不思議な性質を持っています。お風呂に入れると体を温めてくれる効果もあります。

 主な効果
脱臭効果:ニオイを吸いとる性質があります。小瓶などこぼれにくい容器に入れ、冷蔵庫や玄関などでお使い下さい。
研磨作用:ちょっと頑固な汚れを落とす時に使います。プラスチックより柔らかい重曹は、キズつけたくない素材のものの汚れを落とすときに便利です。

 

クエン酸

アルカリ性の汚れを中和して、菌の発生を抑えます。

レモンやすだち、かぼすなどの果物や酢に含まれる成分で、食中毒の原因であるサルモネラ菌繁殖を抑えたり、体の中に栄養を吸収しやすくする効果などがあります。

食用酢にもクエン酸に似た効果があるので、食用酢で代用することもできます。

 主な効果
静菌効果:バイキンの繁殖を抑える効果があるので、まな板の洗浄などに使います。
無臭で水にも溶けやすい:お酢やレモンのようにきつい匂いもなく果物のように腐りません。
また、水に溶けやすいのでスプレーにするのにも便利です。

 

石けん

油を浮き上がらせ、酸性の汚れを中和します。

石けんとは、界面活性剤の一種。水に溶けない油汚れなどを浮き上がらせる効果があります。界面活性剤の中には石油や動植物系の油脂から作られている合成洗剤などもありますが、純石けんなら水中で微生物によって分解され環境にもよいのです。購入の際は石けんの純度なども確認してみましょう。

 

 

 

油汚れ (油性)

油汚れとは、文字の通り「油分」の汚れのこと。油は上記の表の通り”酸性”の汚れなので、重曹や石けんなどを使い中和して落としていきます。レンジまわりのベタベタ油が主になると思われますが、実は手あかも人体から出た油。ドアノブやテーブルなど、普段何気なく触っているところにペタペタとついていたりするので、探してきれいにしていきましょう。

手あかなどの軽い汚れには…
軽い手垢などの汚れは、水拭きだけでもきれいになりますが、重曹をふりかけて汚れを落とした後にクエン酸スプレーをするとさらにきれいになります。
yogore_1

 

 べットリとした油汚れには…
液状の油汚れには、汚れと同じ量かちょっと少ないぐらいの量の重曹パウダーをかけて混ぜると、だんだん固まってきます。それをはぎれかヘラなどでこそぎ落としてください。
yogore_2

 

 固まってしまった汚れには…
ガスコンロ周りにどうしてもこびりついてしまう油汚れの塊。これは石けんを水で溶いた”トロトロ石けん”を汚れにかけて浮き上がらせます。そこに重曹をかけて歯ブラシやはぎれなどで拭き取って下さい。やっぱり最後はクエン酸スプレーで仕上げを。
yogore_3

 

 

水あか・石鹸かす (アルカリ性)

シンクなどが白くこびりついたように見えるのは、水あかや石けんの残りカス。これは、水道水に含まれるカルシウム分などが蓄積されてつくのが原因で、汚れの性質は”アルカリ性”。こういった時間をかけてついてしまった汚れは、クエン酸を使って少しずつ時間をかけて落としていきましょう。

水栓などの白い水あか汚れには…
水栓金具についてしまう白い汚れの正体は水あかや石けんカス。これの汚れはアルカリ性なのでクエン酸で落とします。軽い汚れにはクエン酸スプレーを、しつこい汚れにはクエン酸ペーパー()を貼り付け30分ほど放置した後歯ブラシなどでこそぎ落としてください。
最後に、クエン酸によって水栓のメッキの光沢がなくなってきてしまうのを防ぐために、はぎれでクエン酸を拭きとって下さい。
※クエン酸ペーパーとは、クエン酸に少量の水を加えペースト状にしたものを汚れの上に塗り、その上にティッシュペーパーなどをかぶせたものです。yogore_4

 

 電気ポット内部の汚れには…
どうしても付いてしまうポット内の白い水あか汚れ。水道水に含まれるカルキやカルシウム分が原因です。これを落とすのもクエン酸です。
水3Lに対しクエン酸約50g(目安)を入れ、保温状態で1時間放置してください。その後水を捨て、また水を加え沸かしてからまたその水を捨てて、その後内部の熱が冷めたらポット内を柔らかいスポンジなどで洗って下さい。その後きれいな水で数回濯げばきれいになります。yogore_

 

とろとろ石けんレシピ

最初から液体になっている石けんを使えばいいのでは?と思いがちですが、最初から液体で売られている液体石けんは、液体の状態を保つための薬品が入っています。なので、少し面倒でも粉石けんを自分の手で溶いて作った方が、より安心して使えます。

 

耐熱性のフタ付き容器を用意します。そこに粉石けん小さじ1と、40℃弱(人肌くらい)の温度のお湯を1カップ加えてフタをしっかり閉め、よく振って混ざれば完成です。
ポンプ式の容器に詰めなおすと使うとき便利です。

 

 

¥800(税別)

 

¥450(税別)

 

¥400(税別)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください